読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

進研ゼミ公式アニメが良い味を出していたのでまとめる


キミが中2でイキナリ成績アップできる物語(全編)

先日,進研ゼミ中学講座による20分の短編アニメが公開された.

「キミが中2でイキナリ成績アップできる物語」というキャッチーなタイトルながら, 描かれているのはSFであり,学園物語であり,主人公の成長譚である.

詳しくは動画を見ることをおすすめするが, 時間のない方のために以下にストーリーを書き起こした.


「もうすぐ中二か…」
主人公の一歩は中学校に入ってからというもの,テストの点数は下がる一方,胸を踊らせ入部したサッカー部も休みがちになってしまっていた.

「ああ…テストも部活もない世界に行きたい.競争や,面倒な人間関係なんてなくなればいいのに」
そう思いながら眠りにつく一歩.

―翌日一歩が目を覚ますと,世界は色を失っていた.

一歩は2042年にタイムスリップしてしまっていた.
この世界にはテストも,部活も無い.
人間の競争意識が平和を乱すと考えた国家によって,すべては禁止されてしまったのだ.

この世界では誰もが感情を持たずに,ただ日々を過ごしていた.
心を殺して色のない世界に溶け込もうとする一歩.
しかし,心の奥にある違和感を拭い去れずに居た.

そんなある日,一歩の耳に音楽が飛び込んできた.
「音楽なんて,この世界には無いはずなのに」

音の出処を必死で探す一歩.

教室のドアを開けると,そこには一人の少女が佇んでいた.
「キミも色がついてるね,だいぶ色褪せてるけど」
少女の名は愛夢.彼女はレジスタンスとして,世界に色を取り戻すために活動していた.
悲しみもないかわりに喜びもないこの世界は間違っているという愛夢の主張を聞き,
人々が夢を持つ元の世界を取り戻したいと決意する一歩.

そのとき,突如教室が色を取り戻した.
「変わりたいっていうキミの気持ちが,この部屋に色を付けたんだよ」

一歩は愛夢と共に,世界に色を取り戻す活動を始める.
愛夢は「春休み勉強クラブ」の設立をここに宣言した.

愛夢が首から下げる光るペンに気がついた一歩.
「それは?」
「これは,勉強がすっごく楽しくなる秘密兵器」
そういうと愛無は要点★高速チェッカー(進研ゼミ教材)を取り出し,光るペンをかざした.
フラッシュペンで照らすことによって隠された重要事項が現れることで,勉強が辛くなくなるのだった.

要点高速チェッカーのおかげで,一歩は五教科の苦手をなくすことが出来た.
楽しそうな一歩と愛無の様子を見て,他の生徒も春休み勉強クラブへの入部を申し出た.
その瞬間,彼も色を取り戻した.一歩と愛無は計画の成功を確信する.

その後も春休み勉強クラブは順調に部員を増やしていった.
そんな折,一人の部員がこうつぶやいた.
「なんか,もっとしっかり復習したくなってきたなあ」
「この要点復習ドリルがあるから大丈夫」
そういって愛夢は「中1要点復習これだけは!」を取り出した.

春休み勉強クラブの面々はテストに向けて一生懸命努力し,その結果に一喜一憂するようになった.
そんな彼らの顔は輝いていた.
さらに一歩はサッカー部を設立し,前向きに勉学や部活に向き合う一歩やその友人たちはどんどん色を取り戻していった.

しかし,春休みが過ぎて中二になったある日のことであった.
突如,鎮圧部隊が学校に押し寄せた.

バリケードを作って教室に閉じこもる2年3組の面々.
「争いもなく,平和なこの世界のどこが気に入らないんだ」と鎮圧部隊が問いかける.
「何度挫折したっていい,夢に向かって頑張り続ける,そんな世界で俺は生きていたいんだーー!」
一歩の強い叫びはほかのクラスの生徒達にも届き,色を取り戻した生徒たちが押し寄せた.
そんな彼らに気圧され,鎮圧部隊たちは撤退を余儀なくされた.
鎮圧部隊を退けたことを喜ぶ一歩たち.
そんなとき,一歩は自分の体が薄くなっていくことに気がついた.
この世界での一歩の役目は終わったのだ.

ベッドの上で目を覚ます一歩.あれは夢だったのだろうか.
階下におりると,そこには進研ゼミのダイレクトメールがあった.


書き起こすだけで飽きてしまった...主な突っ込みどころは以下だろうか.

  • 2042年に,光るペンで文字が出てくるだけで,勉強が辛くなくなるというのは… ITを駆使したもっと辛くない勉強とかはなかったのか?
  • テストは禁止されているのではなかったのか?
  • なぜ手ぶらの一歩たちは鎮圧部隊を押し返すことができたのか?

概ね面白かったし,もっと伸びても良いのにな,というのが率直な感想 ニコニコにアップすればいいのに.