引っ越した

アメリカで働き始めたから三年弱、無事に家賃の値上げにも出会わず、ずっと同じ家に住んでいた。

多少は収入が増えたことと、一時間の通勤がさすがにつらくなってきたことがあり、オフィスの近くに引っ越した。最初の家はSunset地方という西の外れのほうで、一軒家が多い住宅地帯。一方の引越し先は、スタートアップひしめくSOMAエリア。高層ビルも結構あって、なかなか都会っぽい。引っ越しに伴い家賃が月1000ドル以上あがってしまったけど、それでも相場からちょい安いくらいなのでまあしょうがない。

f:id:nkazuki:20170623122933j:plain

引っ越しに際して不用品を処分するのにcraigslistとletgoを使ってみた。letgoは写真を撮るだけで物体認識してくれてタイトル自動で付けてくれたり、いまどきの売買アプリという感じで良い。メルカリは発送が面倒そうなので今回は見送り。

事前の予想に反して、letgoのほうがややレスポンスが良かった印象。いずれにせよ無料のものはすぐ受け取り手が見つかるけど、有料のものはむずかしい。これは日本で引っ越したときも同じだったな。

あと、不用品処理としては市の粗大ごみ回収サービスを利用した。事前に電話で予約すると、家の前まで引き取りにきてくれる。

San Francisco Junk Removal: San Francisco Junk Hauling • San Francisco Junk • San Francisco Junk Pickup

捨てられずにたまっていた蛍光灯電球も同様に市の回収サービスを利用しようとしたが、これは2週間先まで予約がいっぱいとのことで引っ越しに間に合わなかった。一日数個まで持ち込みできる回収センターが市内あちこちにあるらしいので、少しづつ持ち込むしか無い。

Hazardous Waste | Recology San Francisco

引越し業者はYelpで探した。Yelp上で複数の引っ越し会社に相見積もりを出せて、予約までできるのは良い。評判の良さそうなMoving forwardというところに今回は頼んだ。

トラック一台と作業員2人で、一時間あたり$120とガソリン代が固定で$25だった。事前に荷造りはせずに、ダンボールを持ってきてもらうかたち。二人暮らし荷物そこそこ、車で30分位の距離の引っ越しで、結局5時間かかった。

ともあれ引っ越して会社が近くなってだいぶ快適になりそう。アジア系の食材を買えるスーパーがこの近辺でまだ見つかっていないので、当面はそれが課題かな。