読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

運転免許無いけどMonterey行ってきた - 2017 3月

3月の最初の週末に、二泊三日でMontereyに旅行に行ってきた。Montereyはサンフランシスコから車で2-3時間南に行ったところにある海沿いの街で、さらに車で10分程の距離にあるCarmelと合わせて、ベイエリアに住む人の週末旅行の行き先として人気が高い。

僕も妻も運転免許を持っていないので、なかなかMonteryまでたどり着くのが大変そうだ、と思ってこれまでは行ったことがなかったのだけど、今回重い腰をあげて行ってみることにした。

まず、行きはCaltrainを利用してSan FranciscoからSan Joseまで。平日朝の出発だったので、通勤特急みたいなやつで1時間半くらい。 San JoseからはLyftに乗ってMonterey のfisherman’s warfまで。一時間ちょっとで、運賃はチップ前で$90ほど。運転手さんにちょっと申し訳なかったので、チップを多めに払っておいた。 初日はfisherman’s warfでご飯食べたり、ダウンタウンをふらふらしたり。小さい町なのでダウンタウンは特に見るものもない。

f:id:nkazuki:20170303131415j:plain

Canary Rowの方はちゃんと観光客向けに最適化されている感じだった。ダウンタウン→Canary Rowは徒歩三十分くらいで、歩けなくは無いかもしれないけど歩くと大変そうな距離。我々は大人しくLyftに乗った。 airbnbで見つけた宿泊先はフレンドリーなホストがいて良い感じだった。

二日目は朝からWhale watching. Airbnbのホストがおすすめしてくれた Sanctuary Cruiseという会社を利用した。これはMontereyよりやや北のMoss Landingという港から船が出ていて、Whale watchingのポイントに近いところから船が出る分、燃料が少なくて済むし、参加者としても船酔いのリスクが減るとのこと。Uberで宿泊先からMoss Landingまで$30くらい。

Sanctuary Cruiseは十数人乗りくらいの大きさの船で、バイオ燃料を利用して環境にも優しいとのことで、なかなか良さそうだったのだけど、この日はなかなか鯨が見れず、最初の一時間くらいはひたすら船を走らせていた。 結局鯨が見れたときにはMonteryのfisherman’s warfにかなり近いところに来ていたので、結果論としてはMonteryのfisherman’s warfから出てるツアーでも良かったのかもしれない。 最終的に、この日は遠くから鯨を2,3頭見ることが出来た。また、イルカの群れに出会うことも出来て、こちらは船のところまで来てくれたのでとても良かった。

f:id:nkazuki:20170326064213p:plain

Moss landingにあるレストランでランチを食べた後は、またもやUberでCarmelまで。$30くらい。建物が可愛らしい街で、雑貨屋さんなどが多いので妻は楽しそうにしていた。

f:id:nkazuki:20170304172924j:plain

この日の夜はNetflixで finding dory (劇中に出てくる水族館のモデルがMonterey水族館)を見るなどした。

三日目はMontery水族館に行った。色んな人からじっくり見て回ると丸一日かかると言われていたので、10時の開館に合わせて行った。 普通に楽しめたけど、全部見て回っても3時間くらいだったかな。葛西臨海公園水族館とかよりもっと広いのかと思っていたけど、そこまでではなかった。

楽しい旅を終えて、家路に着く。San FranciscoまでずっとUberLyftに乗っていくという手もあるかなと思ったのだけど、調べてみるとSalinasという近くの街からgreyhoudのバスが出ているらしいのでそちらを利用してみることにした。Montery -> SalinasまでLyftで30分、$40くらい。Salinasからのgreyhoundが想像してたよりも高くて、二人で$230くらいだったかな。SFまで直接Lyftに乗るのとたいして変わらないかもしれない。ただ社内に電源があるなど、乗り心地は悪くなく、2時間くらいでSFのバスターミナルまで到着した。

ということで免許を持っていなくても、Uber/Lyft/公共交通機関を駆使することで楽しい旅行をすることが出来た。もちろん時間的・金銭的に損をしてるように見える部分はあるわけだけど、それらの不便を考えても、自分で運転をするという行為が自分には考えられないので、自動運転技術の発展を祈るのみである。