読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イケてるウェアララブルデバイス8選とその動画

ウェアラブルデバイスについて調べる機会があったのでこっちにも投稿しておく.ウェアラブルデバイスの市場は2016年までに60億ドルを超えることが見込まれてるんだとか.*1

 

面白いと思った8つの製品と,その動画を紹介する.内訳は,エクササイズ関連が3つ,ヘルスケア関連が2つ,ライフログ関連が2つ,セキュリティ関連が1つだった.

 

エクササイズ

両手がふさがっている状態でも使用できる,という意味でウェアラブルデバイスはスポーツ・エクササイズなどと相性が良い.

Fuelband (発売中)

FuelbandNikeが発売しているリストバンド型のデバイスで,あらゆる運動を独自単位Fuelによって測定する.ユーザは運動目標をデバイス上で設定することが出来たり,運動した結果を友人達とシェアできたりすることで,ユーザがよりアクティブになる手助けをしてくれる.

Run-n-Read (Waiting list)

Run-n-Readはユニークな形でエクササイズを後押ししてくれる.ヘアバンドに装着されたデバイスがランニング中の頭の揺れを測定し,iPad/Androidと通信をすることで,デバイス上の文字をユーザの揺れに対応して動かすことができる.これによって,ユーザはランニングマシンに乗りながら電子書籍やインターネット上の記事を読むことが出来る.

MOD Live (発売中)

Recon MOD LiveはAndroid内臓のスキー用ゴーグル.天気予報・マップ・ニュースのようなコンテンツを閲覧出来ることに加えて,スキー中の速度やジャンプの高さなどをリアルタイムで測定することができる.

 

ヘルスケア

ウェアララブルデバイスによって24時間365日体温等の情報を集めることが出来るため,健康管理や健康状態の記録などへの応用がいくつか提案されている.

 

OMsignal (Waiting List)

OMsignalはザ・ウェアラブルとでも言うべき,センサー付きのアンダーウェア.心拍数や呼吸などから,装着者の感情も分析することが出来,大切な人がストレスを感じた時にまわりが気づいてあげる,みたいな使い方もできるっぽい

 

Whistle (Pre-order)


ヘルスケアが必要なのは人間だけではない.Whistleは犬向けのウェアラブルデバイスで,首輪に小さなデバイスを取り付けておくだけで,大切な犬の健康状態をトラッキングしてくれて,携帯端末などから確認することができる.

 

 ライフログ

いつでもどこでも身につけているウェアラブルデバイスは,ライフログと相性が良い.

Narrative (Pre-order)

NarrativeはTシャツなどにクリップで挟める小型カメラ.身につけているだけで,1分間に2回,ジオタグとともに写真データが保存される.一日に1000枚以上の写真がライフログとして記録される計算だ.

 

Kapture (Pre-order)


Kaptureはあなたの身の回りの音声を録音する.普通の録音機と違って,Kaptureには停止ボタンがない.起動してる限り,周りの音を常にレコードし続ける.ユーザがKaptureをタップすると,直近60秒の音声データがスマートフォンなどに転送される.

 

セキュリティ

Nymi (Pre-order)


指紋などと同様に,心臓の鼓動も人によって違うらしい.Nymiは,脈拍を測定することで個人の認証を行うデバイスである.ユーザはもう鍵をあちこち持ち歩いたり,長ったらしいパスワードを覚えなくても良い.ただNymiを腕に巻いて,ドアに手を近づけるだけだ.さらにNymiにはモーションセンサーもついており,腕の動作と連動してドアを開ける,と言ったようなことが出来る.

 

参考リンク:

今後流行りそうな最先端ウェアラブルデバイス9個のプロモーションビデオまとめ | スマートフォンアプリ開発会社ディレクターブログ

【これからのハードウェアは装着型】注目のウェアラブルデバイス10選 | freshtrax | btrax スタッフブログ